上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_--


それでお腹の前に両手を合わせるのがコンスと言うなあ、プロパガンダだと言われても仕方ないでしょうね。
これ見れば明らかでしょ?

コンスだとそのままアグラかいて座っ頭を下げ手を額あたり上げますが
日本式のお腹に手を当てて頭を下げるだけです、完全に違いますよね
a06c428d88d1f66975618ffb7bcca038.jpg

スポンサーサイト
2015_01_08


           karuto.png
芦別のカルト、ホワイサイエンス天都の恐怖
             ↓↓↓
     芦別のカルト、ホワイサイエンス天都
2014_12_10


日清戦争で日本が勝利し、日本は清に「朝鮮は独立国である」と認めさせました。こうして大韓帝国が成立したのです。


日韓併合へ

しかし独立を果たしても大韓帝国には国家運営能力が備わっていませんでした。国土は荒廃し、慢性的な食糧不足の状態が続き、企業で言うといわば倒産寸前であったのです。さらに日韓併合に否定的であった伊藤博文総理が、朝鮮人テロリスト安重根によって暗殺されたことで、日韓併合への道は決定的となりました。当時朝鮮最大であった[要出典]政治組織「一進会」は、韓国皇帝(高宗)、首相(李完用)に「韓日合邦」の奏上文を提出しました。彼らは日本と韓国が連邦制をとる「合邦」を目指しましたが、余りにも国力・文明がかけ離れていたため「併合」の道を進みました。

「日韓双方の国力の差・文明の程度の差から「日韓対等合邦」は事実上不可能であり、「連邦制」では欧米列強に対抗する様な強固な国家は建設できない。従って、日韓が一体となり列強に伍す強固な国家を建設するには、大韓帝国皇帝の全権を大日本帝国天皇陛下に委譲するのが、最も現実的である。宋秉畯

こうして1910年8月22日、韓国併合ニ関スル条約が結ばれ、日韓併合がスタートしたのです。


後に
韓国は日本から独立したのではありません。アメリカから独立したのです。ご存知ないかもしれないので簡単に述べます。45年8月15日、
1945年8月15日、ポツダム宣言の受諾により日本は降伏しました。当時、日本に居留する朝鮮人は200万人を越えていました。在日は雪崩をうって帰国しました。

しかし、また日本に戻ってくる人も一部にいました。米ソによる38度線を境にした南北の分断と対立の激化(済州島4.3事件、保導連盟事件による韓国人同士の大量虐殺)、コレラの発生とインフレによる苦しい生活、不安定な朝鮮の社会情勢などの情報が入ってくると、しばらく日本にいて様子を見ようとする人たちも出てきました。また、すでに故郷での生活基盤を失っている人たちや、ひと旗あげて故郷に錦を飾ろうとする人たちも出てきました。このような事情によって、約70万人が日本にとどまりました。

日本の降伏とともに朝鮮は自治権を得ました。独立ではありません。そして朝鮮総督府に韓国旗があがります。しかし9月8日に米軍が韓国に進駐してくるとその韓国旗を米軍は引き摺り下ろし、かわりに日章旗を掲げます。つまりアメリカは韓国を独立国として認めなかったのです。日本の一部としてみなしたのです。

そして韓国は軍政を敷かれ、そして米ソ冷戦の中でアメリカの戦略上独立することができたのです。つまり初期としてはアメリカは独立させる気はなくその都合上、独立できたのであって日本から独立したわけではありません。

韓国の独立記念日、光復節は1945年8月15日と言うことになっていますが本当の独立の日は48年の8月13日です。しかし8月13日が本来の「独立記念日」であるにも関わらず、敢えて、8月15日を「光復節」としたのには、多分に「政治的配慮」が働いていたと言う事です。つまりわざと日本の降伏の日に独立記念日を重ねることによって韓国が日本の植民地支配より開放されたとすることによって愛国心をあおったのです。この点を知っておかないと歴史問題が重要なキーワードになる日韓関係に大きな過ちを残すことになるでしょう。

他に韓国の朴正煕元大統領(現大統領の父親)が残したエピソードとして次のようなものがあります。

あるとき朴正煕元大統領(現大統領の父親)が軍人たちと無礼講で飲んでいた時、「日本はけしからん」と軍人の一人が言った。そしてその軍人に賛同者が現れる。それに対して大統領は「まあ待て」と静止して自分の体験談を話した。それは自分自身が貧農の出身で学校に行きたいが経済的に不可能だった。しかし日本が韓国を併合し義務教育を受けることができた。そして満州の軍の学校に進学しそこを主席で卒業したため日本本土の陸軍士官学校に留学する事ができた、と言う話です。そして彼は言いました「日本人はたまになまいきなのもいたが、おおかた公正だった」と。そして続けた。「日本の植民地主義というのは白人たちのそれとは違っていた。



韓国政府は、「日本が朝鮮を独立させてやったこと」を隠蔽した。 具体的には日清講和条約の第一条の内容を削除したのである。

日本と中国の間で締結されたこの下関条約第一条の本当の内容は、 『日本が清国に朝鮮の独立を承認させた』というもの。

これを韓国の国民に知られると「政府が作った嘘の朝鮮国史」に反してしまうので教えられないのである。

『迎恩門』は、朝鮮が独立した時に『独立門』という“中国からの独立を記念する門”に建て替えられていたが、現在の反日教育ではこの門を“中国からの独立”を記念した門、ではなく“日本からの独立”を記念した門、と意味を勝手に変えて教えている。

このように簡単に暴くことができる嘘でも韓国では疑われることなく中学校の教師レベルまでもが信じ込んでいるほど反日教育が浸透している。

この門に関してそんな嘘を教え込んでいる理由は簡単『1000年間の長きに渡る清(中国)の支配からの悲願の独立が、日清戦争に勝利した日本のおかげ』だからである。

2014_11_12


動画見て『生まれ育って暮らしている町がカルト集団に乗っ取られる』、それは大変恐ろ­しい...と思う気持ちをわかってほしい。

地元民は必至に抵抗していますが、彼らは巧妙です、あの手この手で意味のわからない子­供、主婦、年寄りなどを騙そうとします。

動画リンク→【天都】日本のカルトが 芦別で問題に!

フェイスブックのアカウントがある方はこちらへ
芦別在住の方が切実に訴えてます


00000.jpg


2014_11_04


世界のスタンダードは『騙される方が悪い』です。
日本の『騙す方が悪い』と言う倫理感は、世界では通用しません。
日本の外務省の交渉力が弱いのは、この基本を守らないからです。

例えば・・・
小さな子供が嘘の言い訳をしたとします。
日本では
『こら、そんな嘘をつくんじゃありません。閻魔様に舌を抜かれるよ』
と親は子を叱ります。
ところが外国では
『この子は小さいのに、良くこんな嘘を上手につくもんだ。頭の回転が早い良い子だね。稼ぐのが上手になるよ』
と逆に褒め、子は喜び益々嘘を上手につく様になります。
これは、私が実際にこの目で見て、びっくりした現実です。

ですから、朝日新聞発韓国増幅の慰安婦問題についても、
韓国はその捏造について悪い等とは決して思いませんし、反省も致しません。
輪をかけて慰安婦問題を騒ぎ立てることでしょう。
でも、それは韓国だけに限らず、
世界のスタンダードだという事を知っておくべきだと思います。
韓国・中国の嘘について、
世界は正しいことを言う日本の味方等と言う儚い夢は見ないことです。

涌井 秀人
2014_10_29


08  « 2017_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

テーゼッチ 

Author:テーゼッチ 
【罠にかかる国民】日ごろ信じた情報を勘違いしてるかもしれませんよ、目を開いて見てみませんか。

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。