上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_--


何も言うことはありません。
これでは国会議員など無理。国益無視でしょうか
https://twitter.com/toshio_tamogami/status/505368787986558976
10660240_710060939041774_4070801707127480146_n.jpg

スポンサーサイト
2014_08_30


反社会勢力が動員を掛けて国政をかき乱そうとするのを阻止するために、地方議会で地方自治体の赤旗設置問題を討議して足がらみとする。
この作戦の運びは巧者ですね、ブログランキングのクリックしてあげてください。
http://samurai20.jp/2014/08/akahata-13/
2014_08_30


カルト定義!

10511286_1457979381156739_6817946120068177615_n.jpg


①群れる
カルトは必ず群れています。
1人だと「変な人」程度で済まされます。
私がカルトに対して抵抗を感じる一つに、この集団性があります。

②価値観を押し付けてくる
「自分たちの考えは正しい」と思っているだけならいいのですが、
それを他人にまで押し付けてきます。
酷いときには脅しや暴力で訴えてきます。
甚だ迷惑な話です。

③指導者の言うことは絶対
集団で固まっているカルトには指導者がいて、
「指導者の言うことには絶対服従」という決まりがあります。
指導者に逆らったりしないように、「○○長」などの監視役がいます。
さらに酷い状態になると、構成員1人1人が、
お互いを監視し、指導者に逆らわないか見張り合っています。

④不当に高額な金、肉体的苦痛を要求する
カルトでは、「みんなのため」という大義名分をかかげ
個人に高額なお金を要求してきます。
金だけならいいのですが、「みんなのため」「みんなやっているから」
という理由で、肉体労働(もちろんタダ働き)などの苦痛も要求してきます。

⑤プライベートにまで侵入してくる
カルトには個人の自由は認められていません。
更に、休日に電話での呼び出し、自宅へ押しかけてくるなど
個人のプライベートにもズカズカと入り込んできます。
これも全部「みんなのため」とかいう理由からです。
みんなのためみんなのためって、その「みんな」というのは
一体誰のことなのでしょうか?

愛斗誠
2014_08_30


日本の承諾なく”日韓横断トンネルの『掘削作業』を開始。韓国本土ではなく日本の対馬から掘り始める←リンク貼ってます。

詳しくはこちらをご覧ください。
このネタ記事の真実が理解できます。
「暴露される嘘と真実」

ネタです。起工式もやってません。

日韓海底トンネル推進議員連盟
http://ja.wikipedia.org/・・・/%E6%97%A5%E9%9F%93%E6%B5%B7・・・
2008年、日韓トンネルの建設を推進する超党派の議員により結成。
(中略)
設立目的については「対馬海峡にトンネルを通して日韓両国をクルマで結ぼうという
大計画であり、膨大な経済効果が望める大プロジェクトである」としている。
2014年現在は事実上凍結している。

騙されないように気をつけましょう。


2014_08_29


順を追って見て行きましょう。

YOUTUBEから←リンクしてます。
チャンネル桜の水島総の異常な実態の一部。氷山の一角。
水島総こそ戦後日本人の闇の塊。淫乱・裏工作・恫喝・カモフラージュ・唯物主義・大衆­蔑視のニヒリズム・超人趣味の極度の独善主義・・水島総には戦後の闇が全て詰まってい­るとも言える。


公安資料で回顧と展望に彼らの漁船を使っての行動を写真で出されていたような


豊受真報 から転載←リンクしてます。

頑張れ日本と長尾敬が水産庁と海保と公安と警察に敵対行為!
投稿日: 2014年6月9日 作成者: 天之加久矢

2014年6月7日と6月8日、頑張れ日本!全国行動委員会(水島総幹事長)と長尾敬前衆議院議員(元民主党)が、ついに越えてはならない一線を越えてしまった。
尖閣諸島の領有を国内外に示す目的で、「漁業見習い」を実質虚偽の名目に、尖閣諸島沖に出航することを強硬に主張。治安上の理由からそれを制止する水産庁と海上保安庁と警察と公安調査庁を相手に長時間抵抗するという荒業に出てしまった。

長尾敬の公式ブログ記事「開いた口が塞がらない、水産庁の黙り作戦」(6月7日16:29投稿)と、頑張れ日本系列のブログ「台湾は日本の生命線!」の記事「速報!水産庁が『頑張れ日本』の尖閣漁業活動を妨害(附:抗議呼び掛け)」(6月7日投稿)から、内容を整理していく。
http://blog.goo.ne.jp/japan-n/e/c4389dbfa60245d44f4f2b20e5f91ef0
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-2367.html
———-
2014年4月1日
水産庁が各都道府県に対し、漁業従事者以外を漁船に乗せないよう通知。

2014年4月20日
産経新聞が上記の内容を報道。

2014年6月7日午前5時30分
水島総ら頑張れ日本!と長尾敬が、「漁業見習い」の名目で漁船への乗船を試みる。
水産庁は事前の調査により、彼等が各漁船との間の雇用契約がないことを確認。乗船を阻止。
これに対し、水島総と長尾敬らが水産庁職員に延々と抗議。
水産庁に抗議する水島総
水島総(左)と水産庁職員

長尾敬
水産庁職員に抗議する長尾敬(左)

同日午後14時30分
水産庁職員三名に対して「人間『包囲網』」によって威嚇。
同職員は乗用車で避難。
「この10時間、我々(頑張れ日本と長尾敬)10数名、水産庁3名、国交相2名、警察6名、公安調査庁1名、海上保安庁40名程度が、ずーっと港で議論を見守るという異常な光景であった」

2014年6月8日
頑張れ日本と長尾敬、水産庁との協議の上、尖閣諸島に向けての乗船を強行。
船舶安全法に基づき尖閣諸島沖20海里まで接近した後帰港。
長尾敬ツイート
https://twitter.com/takashinagao/status/475447427282251776
https://twitter.com/takashinagao/status/475551710132195328
———-
上記が事の顛末である。

もはや、極左の「市民活動」と大差ない迷惑行為や危険行為と同等の内容である。

彼らの行為は厳格に批判しなければいけない。
「漁業見習い」という実質虚偽の名目での出航を試みたこと。
水産庁職員、警察、公安調査庁、海上保安庁を巻き込む騒動を起こしたこと。
いずれも日本の治安を著しく乱している。

尖閣諸島沖は現在、中国との間で一触即発の緊張状態にある。
中国船舶や飛行機による侵入行為・挑発行為がほぼ毎日のように生じていることは周知の事実である。
同年同月6日午前にも、中国海警局に所属する2隻の船舶が尖閣諸島沖の日本の領海内に侵入している。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140606/k10015020331000.html

水島自身も昨年2013年4月13日、尖閣諸島沖で中国の監視船から妨害を受け、あわや大事故になりかけたところを、海上保安庁の船舶が救助するという事態にもなっていた。
http://news.livedoor.com/topics/detail/7620477/

今回水産庁が水島らの出航と尖閣諸島沖への接近を許可しなかったのも、治安上の理由からであることは、誰の目にも明らかである。

尖閣諸島およびその周囲の領海・排他的水域の防衛は、現在は海上保安庁の警備のもと、行政が各方面で、対応策の準備に奔走している状況下にある。
オスプレイの配備、集団的自衛権の解釈拡大、憲法第九条改正議論なども、それに含まれる。
すなわち、現在は民間人が海上パフォーマンスに興じる時期ではないのである。
海上保安庁
まして海上保安庁は尖閣諸島沖の警備を増強したとはいえ、人員にも船舶にも上限があり、できるだけ彼らの業務に支障を与えないことが求められている。

どうしても尖閣諸島でパフォーマンスを行いたいにしても、正規の漁船の出港と帰港を待ち、尖閣沖の海産物を購入し、船員や島民、海上保安庁にインタビューを行い、船上での風景撮影に協力してもらうまでが現実的だろう。

彼らが行おうとしたことは、中国からの予測できないリスクを招くことを自覚しながら、海上保安庁による警護を当然のように期待しつつ、尖閣諸島沖でパフォーマンスを行うことで、愛国者の集団であることをPRするものである。

そうした自分勝手な正義に陶酔した振る舞いは、かつてサミュエル・ジョンソンが「愛国心とは悪党の最後の逃げ口上である」と表現した、「自己の利益の隠れ蓑にしてきた愛国心」であり、「行政を党派的に乱す者」としての「愛国者」であり、「絶えず最も喧しく騒ぐ」野党の、醜悪な姿に他ならない。
http://www.media-japan.info/?p=844

水島総と長尾敬は、越えてはいけない一線を越えた。
一線を越えた以上、いかなる大義や理想があるにせよ、日本の治安を脅かす敵である。

2014年6月9日

2014月8月29日

田母神氏とダイアモンドクラブについて放送
YOUTUBEから←リンクしてます。

何か焦っている気がしますね~
2014_08_29


米有識者ら「日本の新聞社や活動家が、嘘や捏造で安倍叩きキャンペーンを展開している」

日本の新聞報道、テレビ報道で相次ぐ、安倍政権が行った集団的自衛権と解釈改憲に対する問題提起。
実はこれらの問題提起の多くは嘘やデマ、捏造の類だという指摘が米有識者らから出ている。声明を出したのは
米戦略国際研究センター(CSIS)のマイケルグリーン氏、米アジア太平洋センターのジェフリー・ホルヌング博士(Ph.D)だ。

両氏は日本の解釈改憲反対派や(新聞社名の名指しこそないものの)報道機関が行っている言説に対して中でも、特に酷い言説10件をデマ・嘘・捏造の類であると指摘し、声明を出した。声明は国際時事誌のディプロマットに寄稿された。

今回指摘された言説を唱えている日本の報道機関、記者、活動家たちは自らのニュースソースとして国際的な信用や価値を落としてしまったと言っても過言ではない。両氏の指摘は世界で拡散しており、白い目で見られていることを肝に銘じるべきである。

指摘した10件の捏造報道を紹介しよう。

① 『解釈改憲、集団的自衛権は透明性なく、非民主的に行われた』 → 捏造
公の議論を避け、不透明だと指摘する言説があるが実際のプロセスは著しく透明であり、
国会で完全かつオープンな議論の後に実施されている。集団的自衛権は国連憲章を持つ
国連加盟国はみな持っている権利である。

② 『安倍総理は憲法9条(平和憲法)の精神を骨抜きにしている』 → 捏造
日本は永遠に主権としての戦争行使を放棄したはずだと指摘する言説があるが
そもそも日本は国連加盟国であり、国連憲章第51条の下にあることを忘れている。
日本が自らの安全と生存に対する脅威から守ることは日本の権利である。

③ 『自衛隊は朝鮮戦争が再開したら韓国に派兵される』 → 捏造
集団的自衛権で自衛隊が韓国に派兵されると指摘する言説があるが、
ソウルは韓国に自衛隊が派兵されることは望んでおらず、
これは日本政府の解釈とも一致しており自衛隊は派兵されない。

④ 『集団的自衛権で、日本の軍隊は外国戦争に参加します』 → 捏造
自衛隊が外国の戦争に参加するという指摘する言説があるが
日本の安全保障を直接侵害しない限り参戦しません。

⑤ 『集団的自衛権で、自衛隊の役割と任務が劇的に変わる』 → 捏造
自衛隊の任務が根本的に変わると指摘する言説があるが
日米同盟における自衛隊の主要な役割は、後方支援や、ミサイル防衛や
対潜水艦戦などの守備任務が残るのみです。

⑥ 『集団的自衛権で、憲法9条が削除されやすくなった』 → 捏造
法的手続きが異なるため、憲法改正とは無関係である。

⑦ 『これは日本の再軍備のはじまりである』 → 捏造
日本の軍国主義化と非難する言説、これは特に中国系からの発信が多いようだが
集団的自衛権は軍事力強化が必要というわけではなく無関係である。

⑧ 『安倍総理の決定は地域を不安定化し、地域の平和を危険にさらす』 → 捏造
中国や日本の批評家、活動家は集団的自衛権によりアジア太平洋地域に危険をもたらすと主張しているが
不測の事態に備えた準備をすることは安定性、抑止のためになる。

⑨ 『日本国民が圧倒的に反対している』 → 捏造
(新聞社名や記者名、活動家名はあえて挙げないが)抗議運動、新聞社説などで安倍首相の決定に対して
日本国民が圧倒的な反対をしているという言説があるが、ホルムズ海峡の問題に対する
集団的自衛権の日本国民の支持率は50%を超えている。

⑩ 『アジアは集団的自衛権に反対している』 → 捏造
アジア各国は集団的自衛権に反対していると指摘する言説があるが
ほとんどの国は日本の集団的自衛権を支持している。彼らの懸念は中国の台頭にある。

http://thediplomat.com/2014/07/ten-myths-about-japans-collective-self-defense-change/
thediplomat_2014-07-10_04-16-08-386x261.jpg

2014_08_27


LINE やめようよ。

LINEは、電話機本体、機種、オペレーティングシステム、システムのバージョン等の情報を盗みます。あとは、電話番号、メールアドレスくらい。



機種によって脆弱な点を突き、攻撃する方法が変わります。簡単に乗っ取りが可能な機種もあります。



乗っ取りが終わると、クレジットカード等の情報は簡単に引き出せます。ネットバンクの暗証番号もです。できないものはありません。電話番号だけでウイルスを仕込んで攻撃もできるんです。よく知ってもらいたいです



LINE、などインストールしてあった場合は反日の韓国人に家の鍵を渡しているのと同じですよ。

アプリを作ったのは韓国です。元々はカカオというアプリを出しました。



韓国製では日本で普及しないのでLINEをNAVER JAPANが出したのです。普及するのは目に見えてました。



NAVERは、韓国の検索サイトも兼ねる大きな会社です。もち韓国の会社。カカオはすでに韓国ユーザーの間で人気があり、日本の韓流おばかにもすでに普及していました、



日本製という触れ込みで(本当は韓国)日本で普及開始されたのです。日本製ならとインストールした人も多かったのです。



これって詐欺ですよ、現在は脳内花畑達によって拡散してしまったので、ゴキブリのようなアプリケーションを削除しなさいと進言してあげても、・・・



あ。友達とコミュニケーションガーとか、誰やらも使っているから~などと言って削除しませんよ。攻撃されたらわかるんですが、まだ有事には遠いかもしれません。



ただ、いつかは起こる事態に備えたほうが宜しいと思います。韓国とは関わるな!! これで正解なのです。
2014_08_25


転載リンク元へ 暴露される嘘と真実

北海道に巣食うカルト集団が北海道芦別市に、ライフステージホテル天都という施設にカルト集団が住みついていいる模様です。

10603447_1476368962611648_4756144250066054229_n.jpg

現在ここには親から切り離された子供たちが天都で育てられています。、年齢は下は一歳児くらい保育園から高校生ぐらいまでで、芦別市民達は非常に彼らに恐怖を感じています。

市民や学校は、天都の子供たちには気を使って生活しているようです。

市民たちはの子供たちには、誘われても天都に行ってはいけないと言っているようです。

また芦別市を相手取った訴訟騒ぎを起こたりもしています。


このカルト集団放っておけば、どうも日本の為にならないので、追跡調査しておって報告します。
なお背後にはある宗教(教会?)の分派が隠れ蓑して使っているの匂いがしていますが、現在調査中です

当初は「芦別レジャーランド」と言って、いろんなイベントも有り結構な賑いでした。88年にオーナーが変わって「北の京芦別」になりましたが、その頃から奇妙な建物ばかりを建てて、北の京は「ライフステージホテル天都」と改称された後は、「北の京ライフステージホテル天都」関係者以外(寄宿している子供も含む)は誰も寄り付かなくなっています。

下記に天都(天都)の時系列年表提示しておきます。

1970(昭和45)年、「芦別レジャーランド」として開業1977(昭和52)年、ホテル五重の塔オープン。

1988(昭和63)年、「北の京・芦別」に改称される。

1989(平成元)年、北海道大観音建立。

1993(平成5)年、ホテル三十三間堂オープン。

2007(平成19)年、1月有限会社ランド(本社・芦別市)へ売却。同年6月運営会社である「株式会社北の京芦別」は経営不振のために会社解散を決議。

2008(平成20)年、4月に特別清算を開始。「北の京芦別」の名称そのままに営業を継続し、同年11月まで「有限会社 ランド」が営業。その後「株式会社アイカム」が継続して営業を行う。

2011(平成23)年、10月「株式会社アイカム」が撤退、所有権は福島県二本松市の豊島硝子に移り、委託を受けた経営コンサルタントのもと事業規模を大幅に縮小し営業を継続した。

2012(平成24)年、8月奈良県の「アコンプ」に所有者が変わり、「ライフステージホテル天都」と改称

2013(平成25)年、1月30日付けで北海道新聞が大観音像が天徳育成会に売却されたと報じる。

2013(平成25)年、アコンプ社のホテル事業撤退に伴い、8月末をもって閉鎖となった。

芦別市を相手取った訴訟騒ぎを起こしています。

2012年12月: 天都が宿泊施設の部分を宗教法人(大観音を買った天徳育成会)へ無償で貸し出すので、芦別市へ固定資産税の免除申請を行う。
市は受理し、2013年4月分から免除。

2013年4月中旬: 5月に開催する、全道中学バレーボール大会の宿泊について、主催者から天都について芦別市へ問い合わせがあった。市は宗教法人への無償貸与の件を説明し、宿泊は難しいのではないかと説明する。(宗教法人施設として通常の料金で宿泊させると減免の対象にならない)

2013年5月: 予定していた合宿等の宿泊が、市の虚偽の説明によりキャンセルになったとして、天都が芦別市を名誉棄損で芦別警察署へ告訴。

2013年6月: 同じ理由により天都が芦別市に対し、約3千万円の損害賠償の調停を申し立てる。

2013年8月: 天都 ホテル事業から撤退。
10341960_1476368985944979_7730141259131638569_n.jpg 983755_1476369035944974_9183043026921934531_n.jpg 10565147_1476369002611644_5916038979715312767_n.jpg 10544401_1476368995944978_5587553428677129782_n.jpg



2014_08_23


【シェア拡散してください】【コンスとは】

☆たった一人のブロガーの個人的見解だけで、根拠もなくコンスと名付けした経緯を書いています。名付けの由来は、自分の気に入らない姿勢だというのが理由、日本のマナー講習で行う礼の仕方にいちゃもんをつけ小笠原式推しの人物が、勝手に嫌悪感をもたせて朝鮮式だといい始めただけです。

☆コレが、問題の文章です。
【『コンス』という朝鮮式のお辞儀です。日本の様式ではありません。】

☆この主張を丸呑みし、信じた人達が。いるようです、これに気が付かないと将来大変です。
__________________________________
添付の画像を見てください、名付けの由来だそうです。読んでいて馬鹿らしい。

※コンスの語源発祥の経緯
【ポイント】
1.「変なお辞儀」のポーズが
 朝鮮式お辞儀の「コンス」という形にそっくり!
 と言い始めたのは当ブログ(engram 記憶の痕跡)です。

2.肘をはった変なポーズといっても
 言葉だけでは伝わりにくく
 たまたま検索していたら
 チマチョゴリの着方を紹介するページに

3.コンス」という呼び名をみつけましたので
「変な形=コンス」として発信しました。

4.※但し、この名称が載っているのは、
 そこだけで他のチョゴリ関連ページには
 見当たりません。
__________________________________

☆【書き込みを信じた人による世の中の影響】
ファミレスやデパートで働いている人達に、前出の主張をを真に受けた人が、店内などで挨拶の仕方をしたり顔で注意したり暴言を吐いたり。すごい迷惑になっている・・・
朝鮮式とすれば、全力で拡散します。しかし、間違えた情報なら訂正されるべきでしょ。そうでないと、マナー研修で覚えたとおり挨拶したうら若き女性たちがかわいそうな思いをしていると思います。
想像してみましょう。たとえば自分の娘がマナー研修で覚えたとおり丁寧に挨拶をしたが、相手からそれは朝鮮式挨拶だと怒鳴られて悲しい表情をしている場面を。


詳しくは、こちらで解明しています。
暴露される嘘と真実

10612550_705889332792268_6029193330111454241_n.jpg

2014_08_22


07  « 2014_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

テーゼッチ 

Author:テーゼッチ 
【罠にかかる国民】日ごろ信じた情報を勘違いしてるかもしれませんよ、目を開いて見てみませんか。

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。